聖域なき動物愛護法を!

現在、すすめられている動物愛護法ですが。
私達が訴えているひとつの実験動物がまたもや見送られようとしています!

動物愛護、福祉、権利 団体また、無用な動物実験を反対する
市民の声をことごとく無視してきたのです。
諸外国の実例を見ても、動物実験を行うことのできる者
実験施設、実験計画、実験動物の飼育施設等については、
免許制や許可制を採用している例が多く、
いわゆる先進国と言われている国々で、
何らの規制も行っていないのは、日本だけなのです。

深夜販売撤廃など現実化となったことで
動物保護活動家に対して、恐れをなしたのか、
実験動物に関して動物愛護法から外そうという意見が出ているというのです。

これは、動物福祉を根ざしている
世界の流れに逆らう動きではないでしょうか?
動物実験は,人間の疾病の予防・診断・治療に向けた
医学研究,医療技術や医薬品の開発などに利用されていますが、
言うまでもなく,動物に苦痛や 死をもたらすものです。
この双方の観点から、動物愛護法でしっかりと
監視することは、絶対に必要です!

~動物福祉・5つの自由~

飢えと渇きからの自由不快からの自由
痛み、負傷、病気からの自由
恐怖や制圧からの自由
本来の習性を発揮する自由
ここから外れるような実験動物を
行う事は断固として反対です!

そして、第三者機関をしっかりと立ち上げて、
人間に応用することができない、
単なる興味本位よる動機から
動物に恐怖や苦痛を与える実験が行われていないのか?
(これでは動物虐待を繰り返す犯罪者とかわりありません)

動物達を社会全体で見守る必要があります。
あなたの家の隣に実験場ができて、
そこから動物が逃げ出しました。

その時に、その動物がどんな実験をされて、
どんな菌を保持しているのか?
政府も保健所も、全く何も知りませんという状況を
これ以上作り出して、本当に安全な社会と言えますか?

動物愛護法に聖域はいりません!
実験に使われている動物達を、
動物愛護法の観点から外すということにするのであれば
断固として反対の声をあげていく予定です!

そのときは、皆さん、ご協力のほど、
宜しくお願いします!
動物を苦しめ、悪用しつづける、
非人道的な悪魔に負けず、
安全で、動物に優しい情緒豊かな社会を、

一緒に作りあげて行きましょう!

5月26日ファーマーズマーケット譲渡会お知らせ

 

青山 国連大学前ファーマーズマーケット
譲渡会開催のお知らせ

5月26日(土曜日) 12時頃〜16時頃

場所:青山国連大学前
最寄り駅:渋谷または表参道
国連大学本部は青山通りに位置しており、渋谷駅から徒歩10分、
地下鉄表参道駅出口B2(銀座線、半蔵門線、千代田線)から徒歩5分です。
国連大学本部に向かって左手にこどもの城、
青山通りをはさんだ向かいには青山学院大学があります。
国連大学本部ビル内に駐車場はありません。

譲渡会参加

ぴかりちゃん(チワワ×パピヨンMIX)
女の子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パールちゃん(フレンチブルドック)
女の子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぴりかちゃん(ポメラニアン)
女の子

 

 

 

 

 

 

 

 

ぷっち(フェレット)

 

 

 

 

 

 

他にも家族を待つわんちゃんが参加します☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他、チャリティ商品
犬用シャンプー
新刊「震災ペットを救う 」
アマゾン
手作りクッキー他 販売

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保護犬を家族として受け入れたい方、
考えている方、
初めての方、ぜひ、お待ちしております。